FFTCGを嗜む三紳士のブログ

このブログはFFTCGことファイナルファンタジーTCGのブログです。
<< 【FFTCGデッキ】4周年ファンフェア 氷雷FF13単 作品単 | main | 【MTGモダン】ジャンド・マッドネス(〜異界月EMN) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
【FFTCGデッキ】氷単ライトニング スタン (15弾)
Masters京都のチーム戦で使用した氷単ライトニングを載せたいと思います。

フォワード 26

3 光ライトニング
3 ルミナ
3 永遠の闇
3 皇帝(3CP)

1 皇帝(闇)
3 セラ(PR)
3 アルド
3 コキュートス
3 蛮神シヴァ
1 セラ/ノエル


バックアップ 18

3 エルフェ
2 モーグリ[XIII-2]
3 氷の巫女
1 学者(ジョブチェンジ)
1 吟遊詩人(ジョブチェンジ)
3 曲芸士
2 召喚士(1CP)
2 シャマンド
1 アーデルハイト


モンスター 3

ビブロス 3

召喚獣 3

背徳の神帝マティウス 3


本来氷雷型が多いライトニングですが、眺めていたら雷要素別に要らないんじゃね?
氷単にすれば蛮神シヴァと永遠の闇が使える
ビブロスと皇帝を入れることによってコンボデッキに強くなる
これらのことを踏まえて氷単を試した形です。
キープ基準がエルフェ、氷の巫女、セラと3つあるのがすばらしい

個人的に氷系の重要な点というのは、相手のフォワードをダルにしてアタックできるターンに
どれだけ頭数がいるかどうか、だと思ってます。
この点、ライトニングルミナは頭数を増やすし、皇帝は場に残りやすい。
蛮神シヴァまで行けばかなり優位に立てる。

デッキは1度マウントをとってしまえばかなり強く
弱点である「ダルにならない」ヤンとかに出会わなければそのまま押し切れることが多い。
ビブロスを1ターン目にぶっぱすればコンボデッキにも勝てる。
いま強いモーグリに対してもシャマンドと皇帝で戦える。

使用して感じた弱点は、マウントを取れなかったり、速攻で攻めてくるデッキが苦手がと感じた。
ライトニングはあるけど、ルミナがなかったり、氷の巫女はあるけど、蛮神シヴァがなかったり(あるいは逆)
組み合わせて強いカードが揃う前に攻め込まれると困る。除去がないんでね。
バックアップを出す暇がなくて蛮神シヴァや永遠の闇を出す前に倒されたり、なんてパターンも。
手応えはあったし、一般兵の選択とか、フォワードの選別とか、まだまだ調整できると思うけど
このリストの結果では2−3でした。
| FFTCGデッキ | 19:44 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 19:44 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://3-shinshi.jugem.jp/trackback/205
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE